2015.07.16

BNI定例会
なぜ、優れた空室改善が可能なのか?

今週のHOPEチャプターの表彰式では、過去6か月間に、ビジター様を多くご招待した人のベスト3が発表された。
「ビジター」様とは、メンバーがHOPEチャプターを紹介して、定例会にお越しいただいた皆様のこと。
第1位   高木  幸久さん   (イタリアンレストラン)        ・・・11人
第2位   川上  慎太郎さん   (司法書士)                       ・・・10人
第3位   加藤  拓馬さん   (宝石店)                                ・・・6人
1位は高木さん。多くの方々をお誘いした秘訣は?という問いに対し、答えはシンプルだった。
それは・・・
数多くの方々に声をかけること。
当たり前のように思えて、意外と実践できてないことかもしれない。質を考えすぎてタイミングを逃してしまうより、数多くの方に声を掛ける。これが多くのビジネスチャンスを生み出すきっかけとなるのだろう。

  • 本日のメインプレゼンテーションは三澤浩三さん(不動産賃貸、管理)。
    1982年生まれ、今年33歳の三澤さんは、長野県塩尻市出身。
    長野県立松本深志高校を卒業後、明治大学法学部法律学科へ進む。
    学生時代は法曹界を目指し、法律の勉強をしていた。
    大学で空手部に入部し、4大流派のナショナルチームにも入った経験をもつ。
    大学卒業後、不動産ディベロッパー会社を経て、不動産管理会社を経験し、株式会社livesを設立。
    一部の富裕層が当たり前のように受けているサービスを、個人の不動産オーナーへ低価格で提供することを目的に設立。「不動産の悩みは、まずリブズヘ」を目指している。
    主な事業内容としては
    ①一棟不動産管理事業
       ・・・1区画5,000円からの管理費用  (居住用1部屋3,000円から)
    ②分譲区分マンション賃貸管理事業
        ・・・1部屋一律3,000円の管理費用
    ③不動産コンサルティング事業
        ・・・不動産のトラブルを各種専門家と連動して、必要なプロジェクトチームで対応可能
    以上を行っている。
  • また、早期空室改善可能な営業力を強みとしている。
    なぜ、優れた空室改善が可能なのか?
    ①周辺のマーケット、競合物件の調査を通して、売れない物件を売れる物件へ変える。
      したがって、賃料を下げるのは最後!
    ②人間関係に裏打ちされた不動産会社約200社、営業マン約1200人へ直接物件情報を配信する情報配信能力がある。
    上記の仕組みによって、劇的に空室が埋まったクライアントが続出している。
    特に以下の方々が、三澤さんにおつなぎいただきたい方だ。
    ・一棟不動産所有者
    ・投資用マンションを持っている方
    ・自宅マンションをこれから賃貸に出したい方
    ビジネスの刺激に満ちたHOPEチャプター定例会。ぜひあなたのご参加をお待ちしている。
定例会参加お申込み