会社という法”人”を守るのも保険ができるサポートです。

2016.08.03

今週の定例会は3名のビジターの方にお越しいただき、交流がされました。

 

今週のメインプレゼンテーションは生命保険(法人)の山中得之信さんです!

山中さんは大学卒業後、広告制作会社で8年間勤務の後、お世話になった方のご縁で、プルデンシャル生命保険株式会社に転職され、現在は法人の生命保険で経営者や会社を守るご提案をしています!

 

生命保険というと”万が一”というイメージがありますが、日本の人口1億5000万人を1年間で亡くなる人の数で割ると”百が一”。想像以上に身近な話です。

”百が一”のリスクをより真剣に考えてもらう、そして契約を預かりいつかお返しするというのが山中さんの想いです!

法人の生命保険は、経営者や従業員を守るだけでなく退職金の準備や税金対策、事業資金の積立などができます!

退職金の準備をせずにいた会社に対して、山中さんが提案したことで数千万への備えができ、急な利益減をせずに済んだ会社もあります。

会社の未来への備え、対策をお考えの際はぜひ山中さんに相談ください!

  • 本日のエデュケーションは”BNIの定例会は誰のためにあるのか?”でした。

    定例会はビジターのためにあります!

    つい忘れがちになりますが、最初のオープンネットワーキングの時間も「私の人脈を差し出します」という意味が込められています。

     

    リファーラル(紹介)を出し合うのも、「どうすればお役に立てますか」というスタンスで常に相手にGIVEする精神がわかるように報告の時間が取られています!

    改めて、この定例会に参加する方が「一緒に仕事がしたい!」「混じりたい!」と思える会を全員で築いていきましょう!

     

  • 本日の格言は”真面目に正直に一生懸命頑張る。”でした。

    当たり前のことと思うかもしれませんが、本当にそれが一日を通してできていたか?

    一つ一つ振り返って、常に心掛けていくことって大切ですね。

    この時間は毎回新しい刺激をもらえて、仕事の活力になり楽しみです!

    また来週に向けて頑張っていきましょう!

定例会参加お申込み